なぜその女性と結婚した?既婚者男性に聞いた結婚を決めた理由は?






結婚したいのに結婚できない

なんで私は結婚できないの?

そんな女性にオススメです。

今回は既婚者男性になぜその女性と結婚したかを聞いてみました。

今回話を聞いた男性は現在34歳で結婚3年目の太郎さんです。

結婚した相手はひとつ年下の女性です。

ふたりは出会って1年で結婚したスピード婚。



結婚願望は全くなかった

そもそも太郎さんは全く結婚願望がなかったようです。

結婚願望がなかった理由として、仕事も順調で今の生活に全く不自由を感じていなかったから。

結婚することで今の生活スタイルが変わることが嫌だったそうです。

また友人から聞く結婚の話も「辛い」「疲れる」というような話ばかりで結婚に対して良いイメージはなかったようです。

そんな太郎さんがなぜ結婚を決意したのでしょうか。

楽天オーネットで結婚チャンステストをしてみよう!

結婚相手との出会い

そんな太郎さんが結婚した花子さんと出会ったのは、合コン。

彼女もいなかった太郎さんですが、人数合わせのためにと誘われて参加したそうです。

全然乗り気ではなかったそうですが、その場にいたのが花子さんでした。

正直、特段綺麗というわけでもなかったそうです。

ただ、乗り気ではなかった太郎さんの話をよく聞いて、よく笑ってくれたそうです。

明るくよく笑う花子さんに好印象を持った太郎さんは連絡先を聞いたそうです。

合コンの翌日に花子さんから

「昨日は楽しかったです。ありがとうございました!」

という連絡があり、それから連絡をとるように。

ふたりで食事に行くことになり、食事へ。

相変わらず明るく楽しそうに笑う花子さん。

食事を楽しんだ後、お会計の時に

「今日は奢るよ」

と太郎さんは言ったそうですが

「割り勘で」

とお金を出した花子さん。

その時に、とても好感を持ったそうです。

はじめての婚活ならゼクシィ縁結びカウンターがオススメ!

交際に発展

それから何度が食事をすることになり、太郎さんは花子さんに好感を持ち交際を申し込むと喜んで受けてくれたそうです。

そして、食事に行ったり遊びに行ったりと楽しい交際になったそうです。

ピクニックに行った時に、サンドイッチを作ってきた花子さん。

それがとても美味しくてびっくりしたそうです。

他にも料理はできるのか聞いたら、一応一通りはつくれるとのことで、自宅に招いて料理を作ってもらったそうです。

作ってもらったのは太郎さんの好きなハンバーグ。

そのハンバーグがとても美味しくて月に1度は作ってもらうようになったとか。

婚活サイトyoubride(ユーブライド)で結婚相手を見つけよう!

結婚を考えたきっかけ

そんなある時、仕事でトラブルがあり連日残業で疲れていた太郎さん。

デート中に

「疲れてるね、ゆっくり休んだら?」

と花子さんは気遣ってくれたそうです。

そして、デートの約束の日に急に仕事が入り、花子さんに連絡をすると、責めるどころか

「大変だね。私は大丈夫だから。お仕事頑張ってね!」

と言ってくれたそうです。

疲れて帰宅した後、花子さんに今日のことを謝ろうと連絡をした太郎さん。

すると花子さんが、ちょっと待っててと電話を切ったそうです。

そして太郎さんの部屋のインターホンがなり、花子さんが訪れてきたそうです。

玄関を開けると、

「これ、食べてゆっくり休んでね」

と言って弁当箱を渡してきたそうです。

部屋に入るよう言ったそうですが、疲れているだろうからゆっくり休んで、とそのまま花子さんは帰ったそうです。

渡された弁当箱には太郎さんの大好きな花子さん手作りのハンバーグが入っていたそうです。

また、手紙も添えられていて、

お仕事お疲れ様。もし食欲があったら食べてね。

とだけ書かれていたそうです。

この時に、

「花子が一緒にいてくれたら」

と考えるようになったそうです。

お見合い保証ありの結婚相談所WeBCon(ウェブコン)

同棲を開始してみた

それから少し経った時に、デート中ふと不動産のフリーペーパーを見つけたそうです。

カフェでそれを見ながら、

「こんな間取りがいいね」

「ここにはベッドを置いて」

など談笑していたそうです。

そのマンションの中にふたりが気に入ったマンションがあったそうです。

その時に「一緒に住んでもいいかな」と太郎さんは考えたようで、ふと

「このマンション、見てみる?良かったら一緒に住む?」

と聞いたそうです。

すると花子さんも

「いいね!」

と快諾。

後日、そのマンションを下見に行ってふたりとも気に入り一緒に住むことに。

 

同棲で生活が変わったけど・・・

交際から半年。

一緒に住むことになった太郎さんと花子さん。

最初は少し心配もあったそうですが、一緒に住んでその心配も解消されたそうです。

同棲直後は、違う環境で育っているので洗濯のやり方や掃除などでやり方が違ったことに戸惑ったそうですが、お互いに尊重しあってすぐに解決したそうです。

今まで同棲をしたことがないふたりでしたが、一緒に生活をして不安だったストレスもそれほどなかったそうです。

それは、お互いがお互いのスタイルを尊重しあったからだと太郎さんは話します。

そして同棲したことで、より花子さんを知ることができたといいます。

花子さんはとても倹約家で無駄な買い物はせず、安いものを上手に買うことができたそうです。

また、きれい好きな太郎さんでしたが、花子さんはあまり掃除は好きではないことも知りました。

掃除は太郎さんが担当することになったそうです。

 

もう離れられないと思った

花子さんも仕事をバリバリする女性でしたので、家事はふたりで分担していたそうです。

ある日、太郎さんが酷く体調が悪くなった時に花子さんが病院へ連れて行ってくれたり、家族や会社に連絡をしてくれたそうです。

入院中も仕事帰りにお見舞いに来てくれ、家のことも任せっきりになったそうです。

退院後、また「ふたりの部屋」に戻った時にすごく安心したと言います。

「ここが自分の居場所だ」

と思ったそうです。

もし、花子がいなかったら。

と考えると怖さを覚えるほどだったそうです。

同棲をしてから、仕事も順調で帰ると好きな女性が美味しい料理をつくってくれている。

夜に一緒に映画を見ながらゆっくりしたりなどの生活が当たり前になって来た時の突然の入院。

退院後、両親が様子を見に部屋に来たそうです。

その時に花子さんともゆっくり話すことができたそうです。

両親が帰ってすぐに母親からメールがあり、

「花子さん、絶対に奥さんに来てもらいなさい。あんなに良い子は他にいません。」

と言われた時に初めて「結婚」を意識したそうです。

【重要】結婚相談所は比較してから決めよう!自分に合った結婚相談所はどこ?

プロポーズをいつするか

確かに、結婚をするなら花子がいい。

そう思った太郎さんでしたが、花子さんは結婚したいのかどうかわからないままでした。

もしプロポーズをして断られたら?

また交際して1年も経っていない。

同棲してまだ3ヶ月くらいしか経っていない。

もしかするとまだ早いかもしれない。

そう悩んでいたそうです。

そんなある日、帰りに近所のコンビニで雑誌を立ち読みしている花子さんをみかけ、驚かそうとコンビニに入ったそうです。

その時、花子さんが読んでいたのは雑誌の「結婚式特集」のページだったそうです。

その時に「もしかすると花子も結婚を考えてくれているのかも知れない」と思ったそうです。

もうプロポーズするしかない!と決めたそうです。

 

プロポーズ大成功!

プロポーズを決めた太郎さんは、花子さんの誕生日にホテルのレストランを予約。

「高いんじゃないの?笑」

と喜ぶ花子さんと一緒にレストランで食事をした後、その場で指輪を渡してプロポーズをしたそうです。

プロポーズの内容は詳しくは教えてもらえませんでしたが、指輪は数万円の安いものしか買えなかったそうです。

それでも花子さんは泣いて喜んでOKしてくれたそうです。

【婚活診断】あなたの婚活偏差値が3分で分かります!あなたは結婚できる?できない?

結婚はいつどんなタイミングかわからない

太郎さんはもともと結婚願望がありませんでした。

そんな時にたまたま花子さんと出会い、たまたま一緒に住むことになり、ふとしたきっかけで結婚を意識した。

本当に運が良かったと太郎さんは話をされます。

太郎さんのいう通り、結婚はタイミングです。

しかし、そのタイミングがいつ、どんな時に、どんなことで訪れるかは分かりません。

結婚したいと考えているのであれば、少しでも多く「タイミング」の機会を増やすように心がけましょう。



【人気No1】この無料資料請求は役に立ちますよ!

今月のオススメ記事










あなたにオススメ

新着コラム

まずは無料資料請求/結婚診断


 

【オススメ】人気の婚活診断

結婚相談所の一括資料請求



おすすめサイト更新情報