「出会い」がある人とない人の違いは?婚活の格差とは?






結婚後を心配する必要がなかったという話に戻ります。

当初、結婚後のライフスタイルというものは画一的なものだったので、結婚したらその後どんな生活が待っているか、という事に関して、お互いにすり合わせる必要がなかったのです。

特別役割分担の交渉を行う必要もなく、少なくとも、女性は子供が生まれたら仕事は辞めるんだろうなという事や、財布は妻に任せるなど、両者が結婚後に想定するライフスタイルが一致していたのです。

事実、大半の女性が結婚と同時か、あるいは出産のタイミングで仕事を辞めていました。

結婚後のライフスタイルの選択肢がほとんどなかったという事は、男女ともに結婚の決断を早く下す事ができた大きな理由でしょう。

また、当時の若い男性は、安定して収入が増大する見込みがあったものですから、経済的な心配もなかったのです。

結婚後のライフスタイルのすり合わせも、経済的な心配もない。

結婚後のおおよその展望を予想する事が可能で、その予測に男女間で相違がありませんでした。

ですから、どんどん結婚する事ができた、というのは戦後から1980年初めまでの実情だったのです。

楽天オーネットで結婚チャンステストをしてみよう!

 

1980年以降、出会いのチャンスにも格差が

ところが80年代以降、既存のように自動的に達成できない状況が起こってきました。

はじめに、経済の規制緩和により生じた自由市場。

そして、これにより生じた格差社会といった経済的条件です。

さらに、このような経済の自由化と並行して進行した、ライフスタイルに対する意識の変化があります。

経済の規制緩和が展開するにつれて、社会全体で規制はよくないという意識が拡大し、「職業」も多くある選択肢から選ぶ方が良く、自分にあった職業を選択しなければならないという状況になります。

これに伴い、1「出会い、2「相互選択」、3「結婚」という3つのステップの全てが、自動的に達成する事ができなくなっていったのです。

要は、「出会いがない」というのは、決して出会う機会が無いという訳ではなく、結婚相手として出会う機会が自動的に設定されなくなった、という事です。

出会いが自動的ではなくなるとどうなるか?

機会が多い人と少ない人が生じます。

これも「格差」の一つです。

自分で努力し、多くの機会を作ろうと考える人もいれば、縁に恵まれ、自然に機会が多いという人もいます。

兎にも角にも、出会いの多い人と少ない人の格差はどんどん出てきて、これは拡大する一方なのです。

まずは婚活チェックから

出会いを求めるならマッチングサイト

結婚相談所の選び方



はじめての婚活ならゼクシィ縁結びカウンターがオススメ!

【人気No1】この無料資料請求は役に立ちますよ!

今月のオススメ記事










あなたにオススメ

新着コラム

まずは無料資料請求/結婚診断


 

【オススメ】人気の婚活診断

結婚相談所の一括資料請求



おすすめサイト更新情報