結婚できないもう一つのタイプの女性って?結婚できない女性とは?






結婚したいのに出来ないもうひとつのパターンとして、所謂「キャリアウーマン」タイプの女性が挙げられます。

美人で、仕事もこなし、センスがいい。仕事が出来るだけではなく、料理も作るし、皆を呼んでパーティーを開催する。

趣味が広く、日本舞踊やフラメンコをやったり、お茶会にでかけたり、そういうキャリアウーマンも残っているのです。

それは何故か?キャリアウーマンもやはり、最終的には「男性依存型の女性」と同じタイプの男性と結婚したいと考えているのです。

男性依存型の女性が結婚出来ない原因は、彼女たちの理想のライフスタイルを実現可能な、経済的裏付けを持つ男性の数が圧倒的に少ない為です。

ところが、キャリアウーマンタイプ、つまり自分で年収800万円以上稼いでおり、誰かを養う事ができるタイプの女性も、やはり年収800万円以上稼ぐ男性を求めています。

年収云々を口にする事はありませんが、例えば外資系に努めている、留学経験があるといった女性の場合、「英語がせめて日常会話程度はできる男性でないと、友人達とのパーティーで夫1人がぽつんとしてしまうと困ります」とよく良います。

つまり、自分より上の男性。

仕事ができる女性は、自分よりも仕事のできる男性を求めているのです。

年収についても自分よりも上か、せめて同程度で、自分の仕事に理解があり、かつセンスが良く、ライフスタイルが合い、コミュニケーション能力の高い男性です。

日本人女性は本来上方婚志向で、依存型の女性も、自立型の女性も、実はまるっきり同じタイプの男性を好むのです。

お見合い保証ありの結婚相談所WeBCon(ウェブコン)

 

理想を満たす男性は市場にいない

一方、そのような貴重な(希少な)男性はどのような女性を好むかと言うと、基本的には自分を支援してくれるような従来タイプの女性です。

それこそ、自立志向の女性が仕事に邁進している内に、依存型の女性の内、ごく一部の目端が利く女性に根こそぎ刈り取られてしまい、ほとんど残っていません。

普通の依存型の女性は「条件」と「恋愛」を両立できる男性に中々出会う事ができず、自立型の女性は「結婚」と「ライフスタイル」の両立に迷った結果、結婚できないという状況に陥っているのです。

「婚活」は必須?結婚したくても出来ない時代です!



【人気No1】この無料資料請求は役に立ちますよ!

今月のオススメ記事










あなたにオススメ

新着コラム

まずは無料資料請求/結婚診断


 

【オススメ】人気の婚活診断

結婚相談所の一括資料請求



おすすめサイト更新情報