「婚活」の時代がやってきた!今すぐ婚活をはじめよう!






仕事」につくことと、「結婚」するという事は、人生の中でも2大ビックイベントと言えます。

精神分析学の創始者である、ジグムント・フロイトはこう言っています。

人が上手に出来るようにならなければならない事は、「労働する事」と「愛する事」であると。

人が成長し、社会に受け入れられて1人前とみなされる為には、職に就き、結婚しなければなりません。

仕事内容や結婚の様式は変わっても、「職に就き、かつ結婚してこそ一人前」という見方は、有志以来変わりのない事です。

ですが、その二大イベントをこなす為に、意欲的に「(結婚)(就職)活動」をしなければならなくなったのは、長い歴史にあってもごく近頃の事です。

現在日本において、就職に関してはここ15年程、そして、結婚に関してはまさに今スタートラインを切ったばかりです。



「仕事」も「結婚」も簡単だった

前近代社会、日本でいうとおおよそ江戸時代までは、そもそも職業選択の自由はありませんでした。

この頃は生まれた家の家業を継ぐしかなかったのです。

結婚についても、原則として親が取り決めを行うものでした。

女性の場合は自分の父親と同じまたは似た職業の男性のところに嫁ぎ、そこで自分の母親と同じように働いたのです。

婚活」しようにも、元々選択肢がありませんでした。

ですから、何も考える事なく、「仕事」と「結婚」という大きなイベントをクリアする事が出来ていたのです。

【婚活診断】あなたの婚活偏差値が3分で分かります!あなたは結婚できる?できない?

「就活」「婚活」の必要が無い時代

ところが、近代社会に入ると、職業選択の自由、結婚相手の選択の自由という風潮が生まれます。

成長していく中で、自身で仕事を選び、結婚相手を選ばなければならなくなりました。

ですが、日本ではつい最近まで多くの「ルール」があった為に、選択に際してはい意欲的に活動をする努力をする必要がありませんでした。

戦後~1990年頃のバブル経済期までは、学校にさえ入れば自動的に就職は付いてきました。

高校であれば、就職指導の先生が振り分けてくれていました。

大学を卒業すると、研究室の先生の紹介や先輩等のリクルーティングがあったのです。

また、「就職協定」が存在し、特定の時期に人並みの事をするだけで、自動的に就職先が決定していたのです。

何よりも、新卒の求人が求職を大きく上回っていた為、自分の卒業した学校に見合う就職先にたどり着く事が容易だったのです。

女性の場合は職種が限定されていた為、大半は一般職等に就職していました。

つまり、「就職」には一定の枠があった為、ほとんどの人が大きな努力もなく就職する事が可能だったのです。

結婚も同じです。

「出会いの機会が無い」「付き合ったら結婚するのが当たり前」「婚前交渉はNG」など、多くの「ルール」が存在した為、お見合いや職場結婚などで、適齢期になれば自然に結婚が決まっていました。

【重要】結婚相談所は比較してから決めよう!自分に合った結婚相談所はどこ?

【人気No1】この無料資料請求は役に立ちますよ!

今月のオススメ記事










あなたにオススメ

新着コラム

まずは無料資料請求/結婚診断


 

【オススメ】人気の婚活診断

結婚相談所の一括資料請求



おすすめサイト更新情報