「就活」と「婚活」の変化ってなに?婚活に変化があった?






就活事情に変化が起こったのは、バブル崩壊後1990年代に入ってからのことでした。

自由化、つまり「ルールの緩和」があらゆる部分で進展したのがこのタイミングです。

1980年代には就職協定は解除されており、また、男女雇用均等法により女性も就職前線に突入する形となりました。

求人は減少して就職氷河期に陥り、研究室推薦、高校の振り分け等で決まる人も減ってきました。

待っていれば就職先が決まる時代は終わりました。

どころか、正社員として就職する事すらままならず、フリーターになってしまう人が急増したのです。

今では15~24歳の男性のおよそ46%、25~34歳のおよそ14%が、非正規雇用者となってしまいました。

なんとなく就職が決まっていた時代は終わりを告、自分で企業の情報収集に励み、選択し、1人が10社、20社と受けるのは当然の事になり、就職活動、略して「就活」は、大学3年制の後半から1年にも及ぶ長期戦と化しました。

これに伴い、「リクルート社」といった就職活動の支援を行うキャリア企業が台頭します。現在では大学そのものが学生の就職支援に乗り出すようになりました。

このように、よりよい就職を行う為に、自身で意欲的に「就職活動」をするkと尾が当然の時代になったのです。



1975年、「婚活」に何が起こったのか?

それではもう一方の「婚活」についてはどうかといえば、状況はほとんど変わりません。

男女交際に関わる大きな「ルールの緩和」が起こった為に、自動的に結婚する事が出来ない時代へと突入吸いました。

つまり、自身が意欲的に婚活しなければ、よい結婚相手にめぐりあうどころか、結婚する事時代が困難な時代が訪れたのです。

【婚活診断】あなたの婚活偏差値が3分で分かります!あなたは結婚できる?できない?

【人気No1】この無料資料請求は役に立ちますよ!

今月のオススメ記事










あなたにオススメ

新着コラム

まずは無料資料請求/結婚診断


 

【オススメ】人気の婚活診断

結婚相談所の一括資料請求



おすすめサイト更新情報